今日も風俗嬢に誘われた

切り詰めるというよりも節約

風俗で遊ぶために生活を見直しました。切り詰めるって程ではないんですけど、見直してみると結構いろいろな無駄遣いをしていることに気付かされるんですよ。特に多かったのがスマートフォンのコンテンツ。一か月300円という手軽さから、ついつい利用してしまっていたものがいくつもありました。すべて解約しただけで数千円くらい浮きましたね(笑)それにほとんど使っていないようなサービスもそうです。昔は使っていたものの、今ではほとんど使っていないオークションサイトの月額利用料だとか、とにかく「これはいいだろう」というものをいろいろとカットしたら月額にすれば1万円以上もカットすることが出来たんです。そのお金こそ風俗の資金源ですよ(笑)それまであまりお金がないって思っていたんですけど、これだけ無駄遣いしていたんだなって。これからは風俗もより一層楽しむことが出来るようになるなってことと、無駄遣いには注意しなければなって。

淡々とした子、悪くないかも

彼女は驚くほど淡々とした風俗嬢でした。クールというか、いわば「普通」ですかね(笑)風俗嬢ってこちらを満足させるためにいろいろと盛り上げようとしてくれるものじゃないですか。会話にしても水商売の子同様、ちょっとしたことでも笑ってくれるし、話を膨らませようと努力してくれたり、あるいは肯定してくれたり。だから風俗嬢相手には話をしているだけでも満足って人がいるのも分からない話ではないんですよね。自分のことをあれだけ肯定して話してくれる存在は、まさに水商売か風俗かって話ですし。でもこの前の彼女は、そういった努力はあまり見えない子でした(笑)それはそれである意味では女の子らしいじゃないですか。接客がなっていないって思う人もいるかもしれないんですけど、自分にはあれくらいでも悪くないというか、むしろよりプライベート感のような、身近な雰囲気があったのでああいったタイプの風俗嬢も悪くはないかなって思いましたけどね。