今日も風俗嬢に誘われた

やはりいざという時にはソープで決まり

いざ…というと大袈裟ですけど、風俗にもいろいろなバリエーションがあって、それぞれの目的によって遊ぶ風俗を変えていますけど、欲求不満がもうどうにもならないなとか、言いようのないストレスで悩まされているとか、自分でも自分をコントロールするのが難しいなって思った時にはソープしかないだろうって思っています。もちろん他の風俗にも良い所はたくさんあるってことは分かっていますけど、ソープの良い所は結局の所、男としての本能を満たすことが出来るので消化不良にならない所にありますね。これは他の風俗で遊んでいる時に思うんですけど、やっぱり口や手ではなく、それ以上の気持ちになってしまうこともあるんですよね(苦笑)もちろんそれがルールなのであれこれ言ったりということはしませんけど、その思いが生じると、お口や手でのフィニッシュではどうしても「満足」ではなく「消化」になっちゃいますけど、ソープでは「満足」出来るんですよね。

ジャンルがあるからいいんですよね

風俗っていろいろなジャンルがあるんですけど、それが良いんです。風俗嬢だけじゃなく、ジャンルも選べるじゃないですか。最終的な満足は同じですけどそこに至るまでの道筋は全然違いますよね。だからこそ選ぶ楽しさがあるんです。どれも似たようなものだったらそこまで感動しないんじゃないですかね(笑)それこそなにを選んでもそれなりの時間になるだろうって思いますけどプロセスが全然違うからこそ、じゃあ何をしようかなとかどれが自分に一番マッチしているのかなとか、結構違うんですよね。それらを考えるのもまた、楽しいものじゃないですか。それに、これは別に自分であらかじめ決めておかなければならないってこともないんです。好きなように楽しめば良い話じゃないですか(笑)この前はソープだったけど今日はデリヘルとか、いつもピンサロとかどんな形でもいいんです。男の性欲は自由気ままなので、性欲の受け皿としてこれ以上の物はないんじゃないのかなって。